​© 2016 yoshialexander All rigtht reserved,.

アレクサンダーテクニークとは

 

アレクサンダー・テクニークは、100年以上世界各地で愛用されている

”自分の使い方を学ぶ” メソッドです。悪い姿勢をとる習慣を改善し、

誤った身体の使い方によって生じる不必要な緊張を解放していきます。それによって、

本来身体が持っている自然な動きや機能を取り戻すことができます。

 

アレクサンダー・テクニークを学ぶことで、慢性的な緊張やコリ、ストレスを緩和するとともに、より快適に、より楽しい日常生活を送ることことができるようになります。また、パフォーマンスの向上にも効果があり、欧米の音楽学校やダンス学校、そしてハリウッドスター達にも愛用されています。

 

 

その緊張の原因はどこに?

 

我々は日々ストレスにさらされ、心と身体が緊張してきます。そして、そのストレスと緊張の蓄積が原因で体が痛んできます。

 

では、その原因はなんでしょう?

仕事のせい?環境のせい?それとも人のせい?

 

違います。実は、それは言ってしまえば自分のせいなのです。

 

身体にとって筋肉の緊張がなければ動くことも姿勢を保つこともできません。

しかし、過度な緊張は身体にとってマイナスでしかありません。無駄使いです。

さらに無意識にその緊張が常態化してしまったら、悪循環にハマってしまいます。

仕事→身体の凝り→治療・マッサージ→仕事→身体の凝り・・・

 

アレクサンダーテクニークを身につけることで、自分の身体とより深く向かい合うことができるようになります。するとどうでしょ。身体の方から「もっとラクに行こうよっ!!」って教えてくれますよ。

 

 

独特のハンズオン・ワーク

 

アレクサンダー・テクニークでは生徒さんに触れる教師の手を通して、とても多くの情報を

受け取ることができます。レッスンの初期では何も感じない方もいますが、徐々にそのタッチの質と意味を理解できるようになるでしょう。

「頭で分かっていなくとも、身体は全部を感じているから」(恩師Bob Britonより)

 

Frederick Matthias Alexander               (1869 - 1955)

From AmSAT

(American Society for The Alexander  Technique)

 

アレクサンダーテクニークの効果

こんな方に効果的!

・日常の生活習慣を見直したい。自分でなんとかしたいものの何をしていいか分からない。

・慢性の痛みや凝りがある。

・凝り性。身体を緊張させやすい。

・TMJ(顎関節症)、歯をくいしばる、歯ぎしりする癖がある。

・姿勢や所作を良くしたい。

・ストレスを溜めやすい。

パフォーマンスの向上(音楽家・ダンサー・俳優・アスリート・セラピスト・ヨガなど)

 

・全身のコーディネーションの改善

・怪我の予防

・バランスや柔軟性の向上

・動きのクオリティー(正確性・精密性)を良くしたい

・表現力を上げたい

・本番で緊張しない

・呼吸の質を良くしたい

心・精神面への作用

・センタリングとグラウンディングが自然と身につく

 身体の軸ができ、自分を保ち、周りに振り回されなくなる(センタリング)

 地に足がついたような、安定感が得られる(グラウンディング)

・物事を素直に受け止められるようになる

・ストレスを受けても、溜めずに受け流せる(無視するわけではない)

・落ち着きを保つことができる

・何もない・何もしないことを楽しむことができる

どんなことをする?

1対1のプライベート・レッスンとグループ・レッスンがあります。

プライベートレッスンでは大きく分けて3つの方法でワークをしていきます。

チェアーワーク

日常動作の基本中の基本である、”座る””立つ”そして””歩く”といった動きを

通して癖や習慣を見直しながら動きと感覚の質を高めていく

 

テーブルワーク

身体にとってラクなポジションで横になることで、緊張の解放が促され、

同時に身体の繋がりを感じることができます。

 

特定の動きのレッスン

身体に強い緊張や痛みを感じる特定の動きがある場合は、悪い癖が強く現れます。そこにフォーカスすることは大きな改善につながります。パフォーマンスの質を高めたいという場合にもとても効果的。

日常生活動作であれパフォーマンスであれ、動きの質の改善には、その動きに

対し深い観察と気づきと共に繰り返し訓練することが必要です。
 

✴︎アレクサンダーテクニークは、個人の癖や習慣にフォーカスし、気づきを

 高めるていくので1対1の方がより有効となるプライベートレッスンが

 基本となります。レッスンは基本であるチェアーワークとテーブルワーク

 から入ります。

 

 

グループレッスン

少人数で行うワークショップ。

プライベート・レッスンに比べると筋感覚的成長は少ないものの、生徒同士で

気づきなどをシェアできるなどの利点もある。

(姿勢・歩き方・TMJ( 顎関節症)・セラピスト向けワークショップなどを

 予定しています)

 

アレクサンダー・テクニークの目的は悪い習慣の改善。改善には多少時間んが

かかり、残念ながら治療などに比べて即効性はありません。

最初は3~5回受けていただくことをお勧めします。身体が本来持っている素晴らしい感覚が現れてくるのをじっくり待ちましょう。

(Alexander Educational Center in Berkeley,CA)

チェアーワーク by Bob Briton

​もう少し詳しく知りたい方はこちら